気になるカテゴリーから探してみる≫

一人暮らしで家賃交渉してみたら家賃→3000円安・礼金→半分になったので方法を紹介!

どーも最近ちょっと引っ越しをしたくなっているゆーやです

2年前くらいに東京の東側に引っ越したんですけど、そのとき家賃交渉してみたら

  • 家賃が3000円安くなって
  • 礼金が半分

になりました。

これけっこうでかくないですか?

月家賃が3000円安くなるってことは、年間で36000円浮くってことですもんね

国内旅行行けちゃいます。

海外も韓国とか台湾ならいける。

そう考えるとかなりでかいです。

てことで今回は、家賃を下げられた理由を洗い出してみました!

一人暮らしの初期費用を安くする方法【家賃7万円で初期費用15万円もいける】


家賃が安くなった要因をすべて挙げてみる

考えてみたら5個あったので順番に書いていきますね!

①不動産会社に行ったその日で決めた。

まずはこれ!

不動産屋さんに行ったその日に契約しました。

実はその前から不動産屋さんは何件か回っていて、その日も内見してから決めたんですけど

担当してくれた方が

「今日決めてくれたら、家賃下げられる」

って言ってたので思い切って決めちゃいました。

大家さんは早く契約してくれれば、その分入ってくるお金が増えるので、そりゃ少しは交渉受けてくれますよねー

②契約した地区の家賃相場より高い物件だった

2個目が家賃相場の話。

契約した物件がその地区で同じ条件(間取りとか、日当たりとか、バストイレ別とか)の家賃相場より5000円くらい高かった。

これも少し家賃が下がった理由の一つかも!

③契約した時期がベストシーズンだった

3つ目は時期の話。

契約した時期は10月でした。

一年の中で、家賃が高くなる時期っていうのがあって、その時期っていうのが11月から3月にかけて。

学生だと受験が終わって一人暮らしを始めたり、社会人だと就職や転職で引っ越しをする人が増えるので、

大家さんも「家賃あげても入るでしょ!」

みたいな感じで強気になって、家賃が高くなります。

に対して、一番安いのが6~8月。

続いて9~10月。

てな感じで、

「ちょうどまあまあいい時期だった」

というのがあるのかもしれないです。

⑤担当者が優秀すぎた

続いてこれ!

これが意外と一番大きいかもです。

担当してくれた方ができる雰囲気をビンビン感じさせる人でした。

完全にたまたまなんですけど、かなり親身に対応してくれたし、頑張って交渉もしてくれました。

大家さんもこの人(担当者)が紹介してくれたお客さん(僕)なら信用できるんだろうなみたいな感じで交渉に応じてくれたのかもしれません。


一人暮らしの家賃交渉|まとめ

てことで、家賃が安くなった理由を書いてみました。

あとはなんですかね。

大きい会社じゃないけど正社員だったこととか関係あるんですかね〜?

ちなみに、不動産仲介会社はアパマンショップで契約をしてもらいましたー

参考にしてみてくださいー

まあ、まずは言ってみちゃいましょ

「家賃下がんないっすかね〜」

みたいな感じで!笑

じゃあまたー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です